公認会計士の資格を取得していくうえで税理士になるということにシフトチェンジすることもある

公認会計士の資格を取得すると税理士としての仕事もできるようになります。では公認会計士が行うことができる業務のひとつである税務業務の内容とはどんなものなのでしょうか。

■税理士登録をすれば税理士に
公認会計士試験に合格をし、資格を取得した人は税理士として登録をすれば税理士の仕事ができるようになります。その業務とは主に3つあり、税務申告の代理、税務書類の作成、そして税務相談をいいます。これらの仕事は税理士にのみ許された業務です。

公認会計士は税理士としての資格も兼ね備えているのです。

■税務業務の内容とは
日本の企業は必ず会社の収益に応じて税金を納めなければいけません。もちろんそれは個人であっても同じことですが、税金を納めるためには申告を行う必要があります。そういった申告を代理で行ったり、申告に必要な書類をそろえたり作成するのが税理士の仕事です。

会社がきちんとした正しい金額を納税できるような手助けを行うのです。また税金に関するさまざまな相談を受けたり、適正なアドバイスを行うのも税理士の仕事です。

■税務業務を行う公認会計士
公認会計士として働く場合、代表的な業務でもある監査業務を行う場合は、監査業務を主に行っている企業などに勤務することが多いです。税務業務を行う公認会計士の多くは独立開業した人が多いようです。日本の税金制度はとても複雑です。中小企業や個人事業主の中には、節税対策や納税の知識などを求める声はとても多いものです。

税理士としての仕事を行えばそういったニーズに答えることができますので、開業した公認会計士の多くが税理士としての登録も行っています。また公認会計士として企業の経営などのアドバイスを行うこともできますので、独立開業する公認会計士の多くが税理士として登録をし、さまざまな企業の手助けをしているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ