公認会計士として重要なもののひとつであるコンサルティング業務とは?

公認会計士の業務の中にコンサルティング業務があります。コンサルティング業務は公認会計士独占の仕事、というわけではありませんが、公認会計士だからこそできるコンサルティング業務があります。公認会計士業務のひとつ、コンサルティング業務について調べてみました。

■コンサルティング業としても求められる公認会計士
コンサルティングとは企業などの経営相談や経営指南など、企業運営のアドバイスを行う業務です。企業が抱えるさまざまな問題などの相談を受けることもあります。公認会計士が得意とする分野である、税務や会計の知識を生かしたアドバイスを行うことができるのが公認会計士がコンサルティングをする強みでもあります。

企業にとって財務や会計の知識が豊富な公認会計士はとても頼りになる存在でもありますので、そういった意味でも公認会計士の資格を持つ人材による、コンサルティング業はニーズが高まっています。

■キャリアを生かせるコンサルティング業
経営コンサルティングの仕事はとても大きなやりがいを感じることができる仕事でもあります。自分がアドバイスをしたりと経営に携わった企業が業績を伸ばしていく、また経営者から感謝されることもある仕事ですので、仕事をしているうえでの充実度は高いです。

もちろんその分仕事は大変ハードで、休みなく働くぐらいの覚悟は必要となってきますが、社会生活をおくるうえでの十分なやりがいを得ることができる仕事です。公認会計士の資格は、そういったコンサルティングを行う際にも大いに役立ってくれる資格です。

■もちろん公認会計士としての仕事内容だけでは生き残れない
コンサルティングの業界はとても厳しい業界としても有名です。公認会計士の資格を持っているということは大きな強みでもありますが、その資格だけで生き残れる業界ではありません。財務書類や会計書類を読み解く作業は公認会計士にとっては得意分野ですが、その先まで読む力がコンサルティング業には求められるのです。

その点がこの業界の魅力でもあります。その魅力から自分が今まで築いてきたキャリアを生かすためにコンサルティング業に転職する公認会計士も多くいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ