公認会計士の仕事とされている監査業務について解説をしてみたいと思います

公認会計士の仕事のひとつに監査業務があります。監査業務は公認会計士にのみ許された業務でもあります。公認会計士が独占して行うことができる監査業務とはどんな仕事なのでしょうか。

■監査業務とはどんな業務なのか
監査業務とは簡単に表現すると企業の経営がきちんと行われているかどうかをチェックし、適正な場合はそのお墨付きを行う業務です。投資家や銀行などの債権者は企業の情報を欲しています。実際に投資をする場合などは、その企業がどんな業績を残していて運営がきちんとしているのかを知った上で投資を行います。

その情報を得るために必要になるのが企業の作成した財務関係の書類や税務関係の書類です。公認会計士はその作成された書類を第三者機関として適正なものかどうかをチェックし、監査報告書といった監査結果をまとめた書類を作成します。この監査報告書が企業の運営が適正に行われていることを保証するものになるのです。

■円滑な経済発展のための大きな役割
公認会計士の監査業務は社会の中でも大きな役割を担っています。監査業務により企業の経営に大きな影響を与えることになり、それによって投資家も出資するなど行動をとることができます。公認会計士の監査業務は日本経済が円滑に発展して行くために大きな役割を担っているといえます。

■監査業務は大きなキャリアを積める仕事
公認会計士のみが業務を行うことができる監査業務につくことで、公認会計士としてだけではなく、社会生活を送るうえでも大きなキャリアを積むことができます。監査業務はさまざまな企業の内情を知る仕事でもあり、大変責任の重い仕事でもあります。

そういった仕事をこなすことで大きなキャリアを積むことができ、後に転職などをする場合にも有利になるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ