会計部門のプロフェッショナルと称されている公認会計士って具体的にはどんなお仕事?

公認会計士は会計部門のプロフェッショナルです。日本の国家資格の中でも自由業に関する国家資格である弁護士、医師とともに三大国家資格ともいわれています。会社組織や日本経済の世界でも大きな役割を担っている公認会計士とはどんな資格なのでしょう。

■公認会計士の仕事内容
公認会計士の仕事をおおまかに分類すると「監査業務」「税務業務」「コンサルティング業務」に分類することができます。中でも「監査業務」は公認会計士だけが行うことが許された業務です。ではそれぞれの業務内容を簡単にみてみましょう。

■「監査業務」企業の状態を把握するためにはさまざまな書類が必要です。貸借対照表や損益計算書など財務に関する書類です。監督とはそういった企業が作成した書類が適正であるかをチェックすることをいいます。さらにその結果を監査報告書といったものにまとめます。企業の運営状態を第三者機関がチェックする、その業務を担っているのが公認会計士なのです。

■「税務業務」公認会計士は税理士になる資格も有していますので、税理士として登録を行えば税理士業務を行うことができます。よって税理士として登録をすれば税理士の仕事である、税務書類を作成したり税務関係の手続きを代理する、税務関係の相談を受けるなどの仕事ができるようになります。

■「コンサルティング業務」公認会計士は会社の税務関係や会計関係だけではなく、経営に関する助言やアドバイスを行うこともできます。監査業務や税務業務などの知識を生かしたコンサルティングを行うことができます。

■これからの社会でますます求められる公認会計士
公認会計士の業務について簡単にみてきましたが、今後の社会経済や企業の変化などにも公認会計士の仕事はますます求められる業務といえます。資格を取得するためには難関である試験を突破する必要がありますが、それ以上の魅力のあり大変やりがいのある仕事ができる資格です。

◆公認会計士の魅力とは?
監査業務や会計業務など、公認会計士の仕事は経済社会の中でもプロとして活躍が期待できる資格です。しかし資格の取得は大変難しいとされています。公認会計士の仕事はどれほどの魅力のある仕事なのでしょうか。実際に公認会計士として仕事をしている方々の意見などからその魅力を探ってみます。

■魅力1.やりがいがある
公認会計士として仕事をされている方の多くが仕事に対してやりがいを感じています。近年、公認会計士は社会の中でも必要とされる場面が多く、活躍の場が広がってきています。監査業務だけではなく企業へのコンサルタント業務など会社経営のアドバイザーとして多くの企業から頼りにされています。

会計部門のプロフェッショナルと称されている公認会計士って具体的にはどんなお仕事?

企業や人の役に立つことができる、そんな公認会計士の仕事には大きなやりがいがあります。

参照資料=公認会計士 https://cpa-net.jp/

■魅力2.男女平等な環境
公認会計士の世界には女性も多く活躍しています。仕事をこなすうえで男女に差はありませんが、女性の場合は結婚や出産などにより仕事をセーブしなければいけない状況があります。しかし公認会計士の資格を取得した女性でしたら資格を生かし、子育てをし家庭を守りながらの仕事が可能になります。

もちろんキャリアを積んで男性と同じ仕事量をこなす女性も多くいます。資格を取得してしまえば男女関係ない仕事ができるのも公認会計士の魅力です。

■魅力3.安定していて高収入
公認会計士の平均年収は800万円といわれています。他業種に比べ、高収入なのも大きな魅力です。勤務年数や本人の努力次第で1000万円を超えている人が多く、世間一般のサラリーマンと比べると高収入な仕事です。また就職先などに困ることもありませんので大変安定して高収入を得ることができます。

■取得できれば人生が変わる
公認会計士の資格にはたくさんの魅力があります。資格を取得できればその後の人生が大きく変わるともいえる資格でしょう。資格を持っているということでまわりからの評価も上がり信頼を得ることもできる資格です。人生を充実させるために決して無駄にならない資格であるといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ